ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S15NA オーテック
SRエンジン

S15NA オーテック

幸手の新店準備で大変忙しくなってきました。
社員達には休日返上で準備して頂いてますので感謝!
自分もシルバー人材として?草刈りや堀掃除を行いヘトヘトになりました。
今のところ順調?予定してる26日にオープンできそうです。

そんな中でも土日はセッティングしなくては・・・・
昨日のECR33は写真撮り忘れました。問題なく終了してます。
そして今日はS15オーテックバージョンです。
バッテリーを移動して70パイのショートサクションに35エアフロを取り付けて
カムはノーマルですが調整式のNVCSスポロケットを付けました。

まずはノーマルカムとバルタイ、ECUでのON、OFFを把握しましょう。
(このデータが間違ってたらごめんなさい)
S14,S15共に同じですがターボの場合のINカムは240度、中心角は126度です。
NVCSがONの場合は20度進みますのでONで106になります。
1050回転でON、5700回転でOFFになります。
続いてNAの場合のINカムは248度、中心角は130です。
NVCSがONで110度になり1050回転でON、8000回転でOFFです。
NAの場合はアイドリング以外のバルタイは110度って事ですね。
ところがオーテックの場合は270度のカムが入っておりノーマルのデータは3200回転で
ONになり、6450回転でOFFになります。そしてバルタイは117だったと思います。
なのでONのバルタイは97度って事になりますね。
NVCSは共通の為、カムのノックピン位置で決めてるのだと思います。

オーテックのノーマルをパワーチェックした事のある方はご存知かと思いますが
6500回転付近で大きく谷ができます。これはNVCSがOFFになるタイミングで谷ができ
美味しいところがパワーダウンしてる結果になってます。
今回は、その谷を無くそうと計画しました。
ノーマルカムに調整式NVCSの組み合わせで可変を12度に設定しています。
実測はしていませんが、計算上中心角は112度に設定しONで100度になってる訳だが・・・

そしてON、OFFの回転は3200回転でON、7000回転でOFFで谷のないパワーカーブに
なりました。ONにする回転を低く設定すると低回転でギクシャクするので下げない方がいい
です。

2017514151630.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1076

コメントする

ページ上部へ