ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S15ロムチューン再確認
SRエンジン

S15ロムチューン再確認

弊社主催の日光走行会は無事に終わり一段落です。
今回も沢山のエントリーありがとうございました。上限80台になり
お断りした方々は大変申し訳ございませんでした。
次回は早めのエントリーをお願い致します。

さて年代と共に車が進化しECUのチューニングも進化してきました。
だが未だに一番多いのがSR系で特にS15ターボのセッティングがダントツに
多いです。その中にも業者からの依頼やプライベートでやったが断念して
依頼されるケースが多いですね。低価格でクオリティーが高い追加基盤を使った
EPロム仕様は現在でも主流です。
そこで依頼されるロムのデータを確認すると昔から進化していない様に感じたので
最近のロムチューンを紹介いたします。

S15ターボのチューニングはブーストアップから始まりタービン交換やカム交換など
様々です。チューニングが進むとエアフロの容量不足、インジェクター、ポンプの容量
不足などで容量アップしたパーツに交換しコンピューターもデータ変更が必要になる
訳ですね。
エアフロは35GTR用に変更するのが主流になってますが、エアフロ交換したらVQマップを
その車種のデータを使いK定数を変更し空燃比を合わせます。
インジェクターを変更したらK定数も変更し無効噴射時間も変更する訳ですが、特にデンソー
系のインジェクターを使った場合は無効噴射時間は大きく変更する事になります。
そして点火マップや燃料補正マップを変更しセッティングしていくのが従来のロムチューンでした。
そこでプライベートロムチューナーが見逃してる部分を紹介します。
①ノーマルのインジェクターを使ってる場合はTTP-MAX値をUPしないと目標空燃比にならない。
②カムを入れてアイドル回転を高目に設定する場合は水温別目標アイドル回転を合わせないと
 アイドル時の点火時期が安定しない。
③サージタンク変更やカム交換などするとNVCSのOFF回転で谷ができるのでOFF回転の
 変更をする。 
④ノックリタードが入りやすいエンジンはノックセンサーのリタードをカットする。
⑤O2センサーの異常が多いので場合によりO2センサーの学習をカットする。
⑥エアフロの吹き返しでストールする場合はデータ上で吹き返し防止対策をする。
⑦インジェクターを容量アップすると空ぶかしでリッチ状態になりレスポンスが悪くなるのを
 データ変更で対策する。

こんな事を最近では普通にやっています。これもNISチューンのお陰で短時間でできるので
最近のロムチューンは進化してます。

高価になってきたS15ですが、チューニングベース車両としてはこれからも人気車種でしょう
大切に乗って頂きたいです。

2018414122733.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1665

コメントする

ページ上部へ