ホーム>トッチーのチューニング日記>SRエンジン>S15 GT2835R
SRエンジン

S15 GT2835R

3連休最終日ですが梅雨前線停滞の影響で雨そして曇り
晴れ間のない3連休でした。
3日間セッティング付けでしたが2台しか終わらなかった
トラブルの出た車両は後日になり今日はS15のPFCで無事に
終了です。

エンジンをO/Hしてナラシまで終わらせました(店長が・・・)
GT2835Rタービン、サード850ccインジェクターですが・・・
最終的データでは850ccも無かったな!?
エアフロもVQ用ですがPFCには設定がないのでCH5をVQ用の
基本データを入れて微調整します。

2019715161131.JPG

ショートタイプではないですがサージタンクも変更し高回転での
パワーアップも狙います。
セッティング前の調整は調整式の燃料レギュレターが付いている場合は
必ず燃圧計を付けてイニシャル燃圧を調整します。イニシャルで3.2k~
3.3kに調整する事が多いですね。ノーマルのレギュレターはポンプ交換
するとこの位の燃圧になります。
そしてスロットルポジションセンサーが基準値に入ってない場合は調整
します。今回はスロットルも交換したので調整しました。
最後に必ず調整するのは点火時期の調整です。SRエンジンのクランク角
センサーはEXカムから拾ってるのでクランク角センサーって呼び名は違う
ように思うけど・・・
カムから拾ってるクラセンはチェーンの伸び具合、タイミングベルトのエン
ジンも伸び具合で変化してしまうので定期的に点火時期調整は必要になります

ここまでやってやっとセッティング開始になりますが、同時にブーコンの
設定をします。最近のブーコンなら説明書無しで理解してますが、昔の
ブーコンが付いてると設定に時間がかかったり安定しなかったりと、時間が
無駄に過ぎてしまう場合も多々あります。
この車両はノーマルブーストが0.55k程度しか上がらなくブーコンでハイ
ブーストに設定しても垂れが激しいのでアクチュエーターのロット調整し
最低ブースト圧を0.8k位に調整しました。キンキンに熱くなってるので
ロット調整も大変です(自分じゃやってないけど・・・)

何とか無事に終了しブースト1.35k時に400馬力オーバーしました

201971516325.JPG
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2408

コメントする

ページ上部へ