ホーム>トッチーのチューニング日記>RBエンジンカテゴリを追加

RBエンジンカテゴリを追加

暑い中!ER34 TD06

今日は今年最高に暑い!?

そんな中のセッティングは、申し訳ないけど自分だけエアコン?
ダクト2本を引き込んで頂き、涼しく?できました。
ありがとうございます。

201686144023.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ER34のPFC制御で特に問題なく終了しました。

35エアフロMAXまで使いましたが430馬力で5.1Vでした。
80パイの35エアフロでは、この辺が限界です。内径の大きい80パイもあるんだけど
500馬力対応の35エアフロアダプターでも作りますかね!?
90パイのパイプなんて無いのかな?

201686144735.jpg

ER34 謎のタービン?

暑い日が続いております。

今日のピットは37度オーバー!!
こんな暑くてはセッティングしてもパワーは出ませんね。

こないだタービン不良でセッティングを中断したER34がやっと終わり
ました。
新品時からスイングバルブが動きが悪く新品交換してもらったタービンは
台湾製?MAMBA3071 84T というタービンです。
RB25用でマッチングが良かったGTRSが無くなっちゃったのでしかたなく
付けたタービンは・・・・
新品で不良が出て2度手間でしたし、性能的にも立ち上がりが遅くタレが早い
タービンでした。
暑い事も影響してるけど、イマイチだったな。

201685142632.jpg
 

C33_RB25DET

ちょっとド派手なローレルC33のセッティングは
実走は勘弁してください。

2016718143022.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現状からの状態でなんとか終わらせたけど、色々と変更したい箇所はあります。

サージタンクを変更するとトルク特性が高回転よりになるのでピークトルクは
ダウンすると思った方がいいですね。その分、高回転の伸びは良い感じになります。
また、その組み合わせのタービン選びも高回転パワー重視なのか、好みに合わせた
タービン選択をするといいでしょう。
この仕様はちょっとタービンが大きいので運転は難しくなりそうです。

制御はECR33のECUを使ってました。
84PINのPLCCロムで一度書いたらデータは消せないのでセッティングする場合は
追加基盤の付いたECUでセットし最終的にロムに焼く感じになります。
そのPLCCロムも残り少なくなってきました。
生産されてないロムなので終わったら終了です。

201671814411.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後は追加基盤を買って頂くか(基盤も生産終了になったかな?)
パワーFCを使う事になるでしょう。
残念ですがこのタイプにはNISチューンが無いんです。Z32のECUをう方法もあるけど
あんまりZ32の中古ECUが出回ってないからねぇ~

201671814456.jpg

GTR定番ブーストアップ

最近は33GTRが熱い!?
今でも人気のRB26搭載のGTRは中古市場も価値が上がってる
感じがします。
そんなGTRも33GTRは手ごろ?で程度の良い車両が多い。
いずれ価格が高騰するだろう33は今が買いなのか?
最近のチューニングは32より33が多くなってきましたしブーストアップ
程度のライトチューンが主流です。
今日の車両もわざわざ遠方から来て頂きありがとうございます。

ウチでは定番ですがバルタイ調整込みのブーストアップで
純正ECUの書き換えで対応しております。

201627134421.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カムスポロケットを調整式に交換し純正位置からバルブタイミングを変更し
排気量がアップした様なトルク感が出ます。
部品持ち込みでも作業をお受けしますので店舗で相談して下さい。
今月のセッティング予定はお陰さまで埋まりました。3月からの予約を
お願い致します。

タービン周りより排気漏れがありましたが無事に終了しました。

G/Kは要交換です。

201627135011.jpg

BCNR33バルタイ

今年も31日まで営業です。
そして今年最後のセッティングが無事終了しました。

BCNR33(33GTR)はバルタイ変更してのブーストアップ仕様です。
純正書き換えは特殊なPLCCという1チップロムを使ってるのでロムの
データを消して書き換えはできないのでBNR32のNISチューンでセッティングし
最終的に1チップに書き込み終了となります。

今回もバルタイ調整したのでRB26(32,33)のバルタイについて詳しく
説明しデータとして残しておきます。
32,33のGTRのバルタイは

IN 240度 リフト量8.58 中心角 113度
EX 236度 リフト量8.28 中心角 125度

こんな感じでオーバーラップは0です。
燃費の事を考えてか?パワーをわざと抑えたのか?は解りませんが
ちょっと残念なバルブタイミングになってます。

20151227142851.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを社外のスライド式プーリーに交換してバルタイを変化させ全域でトルク、パワーアップ
を狙います。
変更したバルタイは純正位置からIN +6度 EX -10度です。実測はしてません。
計算上の中心角は IN 107度 EX 115度になってる訳ですね。
これだけで下からモリモリのトルクで高回転まで伸びていく様になります。マジで!
しいて言えばIN側に可変バルタイが欲しい所ですが・・・・

これをセッティングして別物のRB26DETTになります。

20151227143637.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーマル然としたGTRにライトチューンが定番メニューになってます。
最近ではコテコテなハイパワー車より、綺麗にノーマル然とした仕様で長く
乗ってもらいたいですね。
そんな見本の様な車でした。

最大ブースト圧は1.1k程度です。
クリーナーの形状によってエアフロ電圧が変わってしまうのでキノコタイプにしたら
セッティングした方が良いです。
基本的にK定数の変更で対応してます。
ノーマルのK定数は32GTRが 00E9 33GTRが 00E2 何故か違います。
アドレスも違うので間違いやすいので注意です。ロムを弄れる人じゃないと意味が
解らないでしょうけど・・・・
今までの経験上クリーナBOXがノーマルの場合はK定数がダウン方向(薄くする)
でキノコ型クリーナーはアップ方向(濃くする)になる事が多いです。
結構変わるので空燃比計で確認は必要になります。

今年最後のセッティングは気持ちよく良い感じで終了しました。

20151227145042.jpg

 

ER34 GT2530kai

今日はER34タービン交換仕様のセッティングでした。
他店でブーストアップされていた車両でしたがステップアップでタービンをGT2530Kaiに変更し
インジェクターをニスモ、エアフロはR35にしました。

もともとブーストアップされていたので純正書き換えで基盤付きだと思っていたら、なんと
NISチューンの基盤付きでした。
使えるならNISを使った方がいいので読み込み書き込みができるか確認したところ問題なく
NISでのセッティングができました。
聞いたところによると店舗によりロックがかかってる?スクランブルがかかってる?なんて事が
あるらしい。でもそんな事はなかったです。(NISでそんなことできるのかわかりませんが)

2015121315235.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ER34は圧力センサーが付いていてブーストリミッターが1k程度で入ります。
このリミッターをカットしてもブーストセンサー上限値が4.84Vに設定さてます。ブースト1.1k程度
でチェックランプが点灯してブーストセンサー異常とDTCが残ります。
これをカットするにはブーストセンサー上限値を4.84V→5.10Vに変更するか、DTCコードの
ブーストセンサーをカットする方法があります。
またノックリタードがシビアに出て、ブーストアップ程度でもパワーアップしない場合があります。
最初からノックリタードをカットしたほうが悩まなくて良いでしょう。

特に問題なく終わりましたがブースト1.2kまでアップしてもタレちゃいます。
0.9Kと1.2kではピークパワーがそんなに変わらなかった。

20151213152035.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20151213152238.jpg


 

ページ上部へ