ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

R31 ブレーキオーバーホール

最近、汗をかくぐらい暑くなってきたであります。

まだ5月だというのに「蚊」が出てるcrying

 

ちなみに汗をかきやすい人ほど蚊に刺されるらしいでありますsweat02

 

そんなわけで本日のフォールな作業のご紹介はsign01

2019520163959.JPG

R31スカイライン ブレーキオーバーホールでありますshine

でも詳しい人なら分かりますがこれは33スカイラインタイプMのキャリパーなので結果的に33スカイラインブレーキオーバーホールでありますcatface

 

ピストンの腐食もなく中身はキレイそのもの。

2019520164323.JPG

この黒いオイルシールを交換するのが目的であります。

ハードな走行を続けている車だとこのシールが変形していたり硬質化している場合もあるでありますhappy01

フルード漏れを防ぐだけでなくブレーキのタッチにも少なからず影響してくる部分なので定期的に交換をおススメするでありますdog

 

以上、ネイション沼尻でしたchick

AE86 ブレーキO/H

最近、行田は花粉がすごい気がするでありますsign01

沼尻はそうでもないでありますが花粉症の人たちは大参事crying

 

暖かくなるとやっぱり飛びやすいでありますdog

しかもお店に猫が住み着く珍事まで発生。

日本は平和でありますshine

 

そんなわけで本日のインポッシブルな作業のご紹介はsign01

2019518212414.JPG

AE86ブレーキオーバーホールでありますflair

マニアックな人だったら気が付くはずでありますがピストンがでかい・・・・

実はシビックEK9純正のブレーキを流用してあるので結果的にシビックブレーキオーバーホールでありますfuji(笑)

なかなかハードは走行をしているこの車両、熱の影響がすごいのかサビは結構すごい事に・・・

 

ですが洗浄したら全く問題なしhappy02

常に動いている車は各部が調子いいでありますsun

201951821305.JPG

キャリパー側も中はキレイそのもの。

ただオイルシールの劣化は激しめでしたので理想的でありますcatface

古い車は部品があるうちに対処しましょうaries

 

以上、パラグライダー沼尻でしたchick

チェイサー 燃料ポンプ交換

久々に映画見に行ったらゴールデンウィークあけでガラガラ状態shine

同じ映画みたのはなんと4人dog

空いててラッキーでありますsun

 

そんなわけで本日のストレンジな作業のご紹介はsign01

2019511151417.JPG

チェイサーの燃料ポンプ交換でありますdash

JZX100はリアシートの後ろからアクセスするでありますcatface

真ん中にある丸いフタがタンクの入り口であります。

201951115176.JPG

開けるとカプラー・配管が二本。

下のフィッティングになっている配管は高トルクで締まっているので専用工具がないとかなり厳しいでありますflair

2019511151933.JPG

フタを外すとポンプがくっついてきて摘出完了shine

2019511152132.JPG

約9万キロ走行してフィルターに付いているごみはこの程度。

201951115234.JPG

気になっていた燃料タンク内の錆びも全くなしであります。

乗らないで放置している時間が長いと錆びや固着になりやすいのはどの車も一緒でありますdash

 

2019511152533.JPG

純正新品に交換して無事に作業終了でありますhappy02

目指せ20万キロsign03

 

以上、アイアン沼尻でしたchick

AE86 N1リンク 交換

沼尻は最近、土日祝日はYMS館林店に応援に行ってたでありますsign01

同じYMSでも店舗ごとに「色」が違うので新鮮な時間でありました。

 

最終的には永〇店長に「ピットにいる鳩2匹(鳥)を行田に持って帰れ」とのむちゃぶりを華麗にかわしながらも無事に行田に帰還sun

お世話になりましたcatface

 

そんなわけで本日のデパーチャーな作業のご紹介はsign01

2019561745.JPG

AE86リヤアーム・フロントショック交換でありますhappy02

ショックはTRD、リヤアームはクスコ製のN1リンクであります

このホーシングを支えている4本のリンクが実は大事な役割を果たしているでありますdash

 

フルブレーキングしながら車の向きが変えられるのがAE86の醍醐味の一つ。

ですが長いこと乗っているとコーナー進入時リヤが「ダダダッ」と暴れる?逃げる?動きをしはじめるでありますsweat02

 

この原因がこのリンクのブッシュがダメになって起こる事が多いでありますdog

201956171042.JPG

201956171131.JPG

間違い探しのようでありますがこんな感じでありますgood

これでライバルのエリーゼやBMW M4に勝てるかなsign02(本当の話であります)

 

以上、シグネイチャー沼尻でしたchick

 

 

インプレッサ クラッチ交換

あけましておめでとうございますsign01・・・・・・と間違えそうでありますsign03

元号が変わり色々と節目を感じている今日この頃でありますeye

 

そんなわけで本日のミッドレスな作業のご紹介はsign01

201951152513.JPG

インプレッサ GDBのクラッチ交換でありますflair

クラッチ交換の作業の中でもレベルが高めなのがインプレッサでありますhappy02

当然4WDなのでフロントデフとミッションが一体型wobbly

ミッションにたどり着くまでが険しい道のりでありますrain

しかも高確率でミッションとエンジンが固着していてなかなか離れない事が多いでありますdog

201951152542.JPG

やっとこさたどり着いてささっとORC 400ライトを装着。

外すよりも戻すほうが楽とゆう以外な展開new

 

クラッチが滑りはじめていたこの車もご機嫌で帰っていったでありますsun

 

以上、オードブル沼尻でしたchick

86/BRZレース ラウンド2 富士スピードウェイ 決勝2ヒート編

大波乱の第1ヒートを終えてマシンは「車両保管」と呼ばれる時間に突入。

これはフィニッシュ後そのままマシンを隔離する事でありますhappy01(不正防止の為)

 

車両保管が解除されたのが第2ヒート開始の2、3時間前。

そこから3台ともブレーキのエア抜きをしていよいよ第2ヒートの進行が開始でありますdog

2019429141921.jpg

2019429142018.jpg

201942921196.jpg

2019429142056.jpg


2019429211659.jpg

2019429211749.jpg

当然ながら沼尻もトッチーもシティーオートも一日に二回決勝を走るなんて初めての事。

タイヤがどこまでもつか・・・ブレーキは・・・人間はsign02wobbly(笑)

 

第1ヒートで減った台数分グリッドは前へ。

本日二度目のフォーメーションラップをこなし、いざスタートsign03

 

53号車沼尻は問題なしのスタートshine

しかしスタートでポジションアップはできずcrying

54号車トッチー号、175号車シティーオート号も問題ないはずでありますpaper

沼尻は後ろ見てる余裕なしflair

そうですもう団子状態sweat01

 

1コーナーは全車無事に通過。

このあたりから沼尻の軽量ボディが効果を表すであります。

大体2~3台でドックファイトしながら周回せざるをえないくらい接近戦の86BRZレース。

当然絡んでいればタイムも落ちるであります・・・つまりこっちが単独走行なら追いつけるであります。

軽量ボディのおかげで車の負担が周りより少ない模様・・・・・・catface

勝負できると思った沼尻は仕掛けて行くであります。

 

2、3台絡んでいるところをインからアウトから「ごっつぁんです」状態でオーバーテイクしていく事に成功happy02

 

記憶だと4台くらい抜いたところでファイナルラップimpact

「これが最後」とシケイン手前のヘアピンで1対1で前のマシンと5速全開からのフルブレーキング勝負sign03

本日一番ビビッたこの瞬間、師匠のM氏いわく「いやーオーバーランして終わったと思ったよぉー(笑)」

ブレーキングポイントの2台分くらい奥でブレーキ始めて抜いていったとの事run

軽量ボディで良かったnew

 

そんなわけで無事にフィニッシュshine

54号車トッチー号と175号車シティーオート号も無傷でフィニッシュhappy02

 

沼尻は中身の濃いレースとなりましたbleah

 

53号車沼尻の最終結果は予選33位から決勝20位フィニッシュ。

トータル13台抜きlovely

記憶にございません。

2019429215920.jpg

なんと特別賞であるベストパフォーマンス賞を頂きました。

予選順位からフィニッシュまでに順位を最も上げたドライバーに授与されますgood

ありがとうございますshine

 

86BRZレースに参戦を始めてからやっとまともな結果を残せました。

これも栃本社長をはじめ、YMSレーシングチームの皆さま、YMSスタッフの皆さま、応援して頂いたすべての皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。次回も是非応援とご協力をよろしくお願いいたします。

                                YMS行田店 沼尻 翼

次回は5月にAE86 N1レース 第二戦筑波sign03

7月にはまた86BRZレース 富士スピードウェイsign03

 

沼尻は今年は走りっぱなしwobbly

トッチーも熱が入ってやる気満々impact

 

今後ともYMSをよろしくお願い致します。

以上、ミサイル沼尻でしたchick

 

 

 

86/BRZレース ラウンド2 富士スピードウェイ 決勝1ヒート編

前回から引き続き86/BRZレースのご報告でありますcatface

予選結果は

33番手 53号車 沼尻

35番手 54号車 トッチー号

37番手 175号車 シティオート号

2019427144942.jpg

 

いよいよ決勝日sign03

富士山もキレイに見えるいい天気sun

良い事あるかなsign02

 

そんなわけでトータル20周のレースが始まります。

2019427145213.jpg

コースイン直前の待機中・・・・

先にオープンクラスが走っているので少しだけ観戦でありますcatface

2019427145432.jpg

こちらは33番グリッド・・・・・シグナルが遠いsign03(笑)

上に見えるゲートが補助信号的な役割を持ってるでありますが逆に近すぎて見えないshock

 

フォーメーションラップをこなしていざスタートsign01

53号車沼尻は悪くないスタートsign03

トッチー号、シティオート号もいいスタートhappy02

スタート後に53号車沼尻は一台パス。

3ワイド・4ワイドのまま1コーナーに進入run

 

立ち上がったところでsign03・・・・・・・多重クラッシュ発生sign03impact

一瞬で判断できたのは5台ほど大破しており3台くらいが煙の中でウヨウヨうごめいている状態。

数えきれないほどの部品の破片と動いているのか動けないのか分からないマシンを必死で避けながら危険区域を離脱でありますwobbly

 

当然ですが次のポストで「SC」(ペースカー)の指示がflair

追い越し禁止でのクルージングが5周続いて残りの5周を全開走行となりました。

この時点で自動的に5台抜き。

54号車トッチー号と175号車シティオート号も無傷で生還sun

 

万が一、54号車トッチー号が調子が良くて真ん中集団にいたら・・・・・新車が即廃車でありますimpact

 

不安と期待を覚えながらも2ヒート編に続く・・・・・

 

86/BRZレース ラウンド2 富士スピードウェイ 予選編

YMS走行会にご参加された皆さま、大変お疲れさまでしたsign03

大きなクラッシュもなく予定通り進める事ができました。

ご協力ありがとうございましたsign01

 

次回は10月。また日光サーキットでお会いしましょうcatface

 

そんなわけで走行会の二日後から突入しました86BRZレース富士スピードウェイのご報告でありますhappy01

2019424223354.jpg

今回も

54号車 トッチー号

53号車 沼尻

175号車 シティーオート号

の3台体制で参戦であります。

54号車はなんと86レーシング後期型の新車でありますshine

なので54号車はできるだけ慣らしの距離を稼ぐ為に富士まで自走で搬送。

 

今シーズンの86BRZレースは今まで通りの「プロフェッショナルシリーズ」

そして今回参加する「クラブマンシリーズ・エキスパートクラス」

「クラブマンシリーズ・オープンクラス」

にさらにクラス分けされたであります。

エキスパートクラスは38台エントリー。

すべてのクラスの合計は123台happy02とんでもない数flair

 

さらに決勝は2ヒート制を導入。予選の結果で1ヒート(10周)のグリッドが決まり、1ヒートの結果で2ヒート(10周)のグリッドが決まり、2ヒート目のフィニッシュで最終順位が決まる長丁場のレースに進化したでありますcatface

 

さらに予選15分間・決勝トータル20周を新品4本のタイヤのみで走り切らなければいけないとゆうお財布に優しいレギュレーション。catface(笑)

 

どうやって走るかの作戦は非常に大事でありますsun

201942422530.jpg

メカニックM氏お得意の「0.5秒速くなる」タイヤのロゴマーキングも完了し、準備万端fuji

ちなみに3台ともブリヂストン・RE-12Dを選択。長丁場を考えると無難な選択であります。

 

そんなわけで予選スタートsign03

当然、後の事を考えると予選は1周で決めたいところ・・・・

 

53号車沼尻は3周目で2分8秒2で33番手。

これでも去年より3秒速くなったでありますが周りも去年より2秒くらい速くなってるので簡単に上には食い込めないでありますcrying

54号車トッチー号は残念ながらセッティングが当たらず8秒8で35番手。

175号車シティーオート号は・・・何かが合わず9秒9で37番手。

 

グリッド表では仲良くだんご3兄弟。(笑)

 

決勝は20周もあるから焦らず行きましょうrun

次回、決勝第1ヒート編であります。

 

以上、パメラ沼尻でしたchick

 

 

ER34 ファイナル交換

明日はYMS走行会in日光サーキットsign03

ご参加される皆様はよろしくお願い致します。

天気は大丈夫そうですがお気をつけてお越しくださいませcatface

 

そんなわけで本日のファマスな作業のご紹介はsign01

2019416145816.JPG

ER34のファイナルギア交換でありますsign01

最近は86・BRZのファイナル交換ばっかりでしたがたまには気分を変えてスカイラインでありますflair

ですが構造はほぼ同じdog(笑)

 

ちなみにオイル交換時に破片がバラバラ出てきてしまったらしいcrying

20194161535.JPG

当然ベアリングも同時交換。

ちなみに車によってはベアリングを破壊しないと取れない物もありますのでご注意を。

201941615653.JPG

一番大変なのは一度組み上げてから歯の当たりかた、バックラッシュ(歯のクリアランス)の調整のために何度もばらして組んでを数回繰り返す事でありますsun

 

これは経験と勘と計算でありますpaper

慣れていてもだいたい2~3日かかる作業でありますshine

沼尻は神経質なので人より時間がかかりますsign03

 

以上、バッキンガム沼尻でしたchick

車検フィーバー

まさかの4月に入ってからの車検フィーバーsign03

二日で4台をこなす近年稀に見るほどのにぎわい。catface

車検場が混んでいないのは助かるでありますが・・・・・

なぜかYMSは車検が2台、3台と重なる事が多いでありますrun

 

そんなわけで本日のパークな作業のご紹介はsign01

2019490276.jpg

沼尻にしてはめずらしくプライベートネタでありますsign03

車以外のネタを書くのはいつぶりかわからんでありますdog

こちらは去年12月から家にやってきた咲太郎ちゃん(さくたろう)(♂)

キンクマという種類らしいsun

家に来たときは生後一か月くらい。

今では体重は2.5倍の130グラムsign01

0.01馬力(推定)

最高速度 気を抜くと見失う速度

駆動方式 4WD

使用燃料(好物) ピザーラの耳の部分(宅配に限る)、ヒマワリの種

全長 約8センチ

全幅 サランラップの芯にギリギリ入れないくらい

夜行性の為、昼間に姿を見るのは困難。

特技 巣作り

スペックはこんなところdash

20194904023.JPG

恥ずかしがりなので顔だけ出している事が多いでありますpaper

なかなかかわいいので家に帰ってきて姿を見るのが日課になっているであります。

 

皆さんも是非一度飼ってみてはいかがでしょうか?

 

以上、バカンス沼尻でしたchick

 

                    

ページ上部へ