ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

全日本学生ドリフト王座決定戦 2018 前編

お久しぶりです沼尻ですhappy02

 

先日、サポートに行ってきた全日本学生ドリフト王座決定戦。通称「学ドリ」のご報告であります。

雑誌ドリフト天国主催の日本一参加台数の多いドリコンとして有名でありますbleah

参加条件は文部科学省認定の学校に在籍している学生である事。24歳以下である事。

東・西大会に分かれて開催され、書類選考通過の参加者は西大会で80名sign03今回参加した東大会は150名sign03

西大会のベスト4が日光サーキットに招待され東大会のベスト4が出そろったらその8名で東西統一戦を行い学生ドリフト日本一を決めるかれこれ十数年の歴史がある大会であります。

 

今回も、弟の潤ちゃんはMR2で参戦sign01

三回目の挑戦となるでありますhappy02一年間この日、この瞬間の為に涙ぐましい努力を続けてきました。さぁ出陣でありますsign03

 

201891165251.JPG

二日間で行われるこの大会。初日は予選で二日目が決勝となるでありますdash

初日の予選は「パイロン卍」と呼ばれる学ドリ名物の予選方法であります。

要するにパイロンスラロームをドリフトしてやれとの事good

この予選で150台から50台へ絞り込みdash

ドアンダー・スピンは論外として車が停止しない事、カウンターが戻らない事が大きな審査ポイントになるであります。

20189117179.jpg

こんな感じでバックストレートにで待機してホームストレートに並んでいるパイロン5本を1往復するであります。

 

実は今回、タイヤのセットを「パイロン卍用」「裏三発用」「1コーナー用」「ウェット用」「オールラウンダー用」と全てに対応できるようにセットが違うタイヤを1年かけてテストして数セット用意してきました。ですがすべてサイズが違うだけのAD08R。これが沼尻家がはじき出したMR2で学ドリ攻略の秘策sign03

朝一にフリー走行があります・・・・・・がsign03さすが潤ちゃん雨男dogヘビーウェットに早変わりrain

パイロン卍用のセットをウェット用の内圧に変更してフリー走行で最終確認。ここからは親父の感が冴えわたり走行する順番と路面の状況をみて今までのデータを基にエアを調整。

 

いざ予選impact

皆さん若いねーsign01ドアンダーで明後日の方向に吹っ飛んでいく野郎もいればアピールしたくてケツを壁に寄せるも、リヤオーバーハングを物理的に無視した振り出しで壁に激突fuji(笑)

でも気合でアクセル全開でパイロンに何事も無かったように駆け抜けていく若さ爆発の走りもsign03new

100台が落ちる厳しい内容でありますがあまり心配はしてませんでした。

 

さぁいよいよ潤ちゃんの番

 

相変わらずウェット路面でありますが待機場所までに軽くリアを流して状況を確認。親父は「セットはバッチリだー」とご満悦ok

出走直前のくじ引きで右回り・左回りが決まるこの予選。潤ちゃん右回りsign03壁に寄せられるsign03

なかなかの勢いで発進dash

潤ちゃんちょっと欲かいたーsign03(笑)最終コーナーを真横向いて立ち上がりふりっ返して1一番奥のパイロンに繋げようと思ったらしいがわずかに届かず一時停止。runそのあとは何事もなかったかのように上出来happy02

減点はあるだろうけどなんとかなるかなーといった所・・・・・

201891175719.jpeg

 

結果・・・・・・・50台中35位通過sign03セーーーーーーーーフcrying

なかなか名前が呼ばれないので兄貴と親父は固まっておりました。

 

無事に予選を通過して初日最後のフリー走行へ。

ここからはどこのコーナーで審査するのかは二日目にならないと分からないであります。

学ドリは走る直前にならないと審査コーナーは発表されません。

 

このフリー走行で審査コーナーを想定してタイヤをチョイスshine

だがしかしsign03あからさまにタイヤが合っていない・・・・エア調整するかタイヤサイズを変えるか・・・しかもフリー走行は残っていない。

 

親父と兄貴の判断で二日目の1回戦は裏三発になるであろうと想定(賭け)。

過去のデータからエアのみを調整して裏三発仕様に。

 

この判断が吉と出るか凶と出るか・・・・ここからはドライバーもサポート側も一つでもミスしたら今年の夏はそこで終わり。

二日目の「綱渡り」が始まるであります・・・・

 

後編に続くsign03

 

 

 

日光サーキット ドリフト&グリップ走行会(10/17)

この時期恒例、YMS走行会in日光サーキットのご紹介でありますdog

2018825173335.JPG

今回もグリップ・ドリフト・ミニレース・ドリコンと盛りだくさんの内容でお届けsign01

毎回大好評をいただいているジャンケン大会もやる予定?

 

見ているほうも走っているほうも楽しいYMS走行会であります。

最近は一か月前から定員に達してしまう事も珍しくないので参加ご希望の方はお早めによろしくお願いしますhappy02

 

沼尻個人的には前回、弟とMR2に負けたので大人の力を使って勝ちに行こうかと検討中・・・・catface

 

以上、インポッシブル沼尻でしたchick

180SX クラッチ交換

急に涼しくなってきた今日この頃。

個人的に今月最後のイベント「全日本学生ドリフト王座決定戦」なるものが控えております。

 

沼尻は社会人なので出場する権利はありませんが弟が3回目の挑戦となるであります。

日光サーキットで二日目で行われる大会で雑誌「ドリフト天国」主催のドリコンであります。

参加台数200台sign03書類選考でサーキット走れるのは150台sign03初日の予選で生き残るのは50台sign03なんとも厳しい世界。

 

大舞台で頑張ってほしいであります。

 

そんなわけで本日のプレーヤーな作業のご紹介はsign01

2018824143423.JPG

180SX フライホイールの交換でありますsun

 

最近では珍しくメタルクラッチを装着しているこの車両。

フライホイールを軽量の物に交換でありますfuji

レスポンスとトルクのバランスがなかなか難しいのがフライホイールの重量。

 

軽量過ぎると街乗りが大変でありますdash

 

以上、ボルドー沼尻でしたchick

ECR33 タイベル交換

先日、「うまいトウモロコシがある」。とある人に連れられて何と赤城のほうまで遠征sign01

トウモロコシ目当てに2、3時間かけてひたすら爆走impact

確かに今まで食べた中で間違いなく一番おいしい焼きトウモロコシを2本も食べ、面白そうだからロープウェイに乗り白根山?山頂まで。

ちなみに乗ろうと言い出した人が一番高所恐怖症dog

なんと山頂に足湯があった為、足だけ入浴shine

 

ロープウェイを下っている時にどう見ても面白そうな「サマー・ルージュ」なる重力に任せて峠の下り的な道を己のテクニックと体重のみで走破するゴーカートを発見。

もちろんやってみたであります。

看板に「最高速度40キロ」と書いてあったので舐めてかかったら・・・・横転したら重傷レベルfuji(笑)

 

「うまいラーメンがある」との事で草加まで爆走sign03

もちろん今までで一番うまかったラーメンをご馳走になり帰路に着きました。

 

沼尻自身、用事がないと遠くまで出かけないのでとても新鮮で楽しい一日でした。

半日以上運転し続けた鉄人に驚愕impact(笑)

 

そんなわけで本日のマンティスな作業のご紹介はsign01

2018816183311.JPG

RB25タイベル交換でありますrock

このブログの読者は見慣れてしまったかもしれないでありますshadow

 

2018816183512.JPG

当然ながら位置関係をマーキング。

単純に位置を変えなければ問題ないので・・・・・今回のメインはこっちsign01

2018816183716.JPG

ウォーターポンプsign03

タイベルを外さないと交換できないので同時交換が絶対おすすめ。

 

なぜ交換するかと言うと羽の部分のベアリングがダメになるからでありますsweat01

ちなみに黒い筋が液体ガスケット。

塗る場所を間違えると・・・・・・漏れるでありますdash

 

今回も無事に終わって良かったでありますcatface

10万キロ走った車は絶対交換sign01

 

以上、パンドラ沼尻でしたchick

 

 

 

BCNR33 ミッションオイルシール交換

台風やら猛暑やら相変わらず過酷な季節であります。

 

レースウィークも終わりひと段落sun

 

次回の86BRZレースの練習に行きたいのですがフリー走行の日程が合わないsign03

そこでドライビングシミュレータをやりに某所まで・・・

リアルと評判な噂はたしかでありますfuji

 

当然86レーシングでモテギを走行。復習がてら富士スピードウェイも走行。ギアのポジションとトップスピードが違うぐらいで挙動が実車そのものsweat01

スライドした時の回転数が落ち込むロスやブレーキングの成功・失敗がシビアにでます。

グラフィックは現行のゲームには及ばないでありますが旗やピットレーンの制限速度、タイヤ・ブレーキの温度管理まで再現sign03

ぶつかるとタイヤが無くなったりエンジンブローまで再現dog

ゲームとして面白いかどうかは別として本当に「シミュレーション」が可能なパフォーマンスでした。

 

2時間で終わらせるつもりが6時間走るというやりこみ様rock

腰が限界に来たところで終了であります。ストイックに練習したい人はおススメであります。

※注意 ハンドルのキックバックでケガをする恐れがありますsign03特にスリックタイヤsign03(笑)

 

そんなわけで本日のフレキシブルな作業のご紹介はsign01

2018810143638.JPG

33GT-Rのミッションの後ろ側catface

ここのオイルシールがダメになったらしく交換であります。

FRのスカイラインと違ってフランジになってるsign03

つまり馬鹿でかいナットを外さなければ・・・

インパクトで外れたのでフランジ取り外し。

 

2018810144014.JPG

いましたコイツでありますgood

コジッて外すしかないのでパワープレイimpact

2018810144215.JPG

 

あとはオイルシール打ち込んでフランジを沼尻が浮くぐらいのトルクで締め付ければ終了。

 

レアな作業でありましたdash

 

以上、フォッシブ沼尻でしたchick 

 

 

 

 

AE86 N1レース 第2戦 筑波 決勝編

予選結果

ポールポジション 不動産王 78号車 カサハラさん

           2番手 27号車 沼尻

      3番手 焼き鳥帝王 56号車 廣田選手

 

前にP-FRクラスのシルビアがいるものの間に挟まっていないので正真正銘のAE86ガチンコバトル。

20188414547.jpg

今シーズン始まってから2戦ともポールポジションのカサハラさんsign03

沼尻はちょっとくやしい。

 

3台とも0.1秒くらいしか差がないので誰が前に出てもおかしくないであります。

後ろの赤い車がロケットダッシュしない事を祈るでありますhappy02

 

一周フォーメーションラップをこなしていざグリッドへ。間髪いれずにいざスタートsign03

スタートダッシュがヘタクソで有名な沼尻がまさかまさかのロケットダッシュ成功sign03焼き鳥帝王56号車廣田選手も相変わらずのスタートダッシュでカサハラさんをぶち抜くsign03・・・・・・カサハラさんスタート失敗sign03crying

どうやら回転数が落ち込んで加速が鈍かった模様・・・あきらめないでーsign01カサハラさんの気持ちは良く分かるsun(笑)

 

1コーナーまでに1番手27号車沼尻

        2番手56号車廣田選手

        3番手78号車カサハラさん     のポジションに。

当然でありますが全車テールトゥノーズhappy02

ビタビタのまま1コーナーから1ヘアに。27号車沼尻のバックミラーは赤い車とヘルメットの中身はニヤついているであろう廣田選手でいっぱいeye

 

1ヘアの立ち上がりで後ろから「コン」といった小さな衝撃が・・・・・

そうです。焼き鳥帝王56号車廣田選手の「オラオラ早く行けよ」の合図。

わかったsign01速くいくsign01

 

この瞬間スイッチが入りまして作戦が決まりました。「15周全開アタック」。駆け引きに入られたら焼き鳥帝王相手では分が悪いので「消耗戦」で勝負であります。当然ですがタイヤもブレーキも15周全開では垂れてきます。どちらが先に音を上げるか・・・・

201884152119.jpg

この等間隔でありますが一見離れているように見えますが「1ミス」で簡単に追いつかれる距離であります。

つまりシフトミスやテールスライドを一回でもした方が負けsign03

 

アダプトロニックの高回転パワーを頼りにひたすら全開impact

4周ほど終えたところでトラブル発生sign03

ダンロップ先の2ヘアで不動産王78号車カサハラさんが止まってるcrying

カサハラさん残念sign03

なんか壊れたらしいけど沼尻は止まれないのでとりあえず全開spa

 

図式的には27号車沼尻は「追いつかれたら仕掛けられて負け」。焼き鳥帝王56号車廣田選手は「追いつければ仕掛けられて勝ち」。

この距離でも実はギリギリの勝負になってるでありますdanger

逃げてる時の気が抜けない15周はとにかく長いsign03・・・・・・

 

20188415336.jpg

 

なんと逃げ切り27号車沼尻優勝sign03

第2位 焼き鳥帝王56号車廣田選手sign03

第3位 レジェンド6号車新木選手sign03

 

201884153522.jpg

あまりの暑さにシャンパン内部の圧力が上がりロックを解除しただけで栓が吹っ飛ぶsun(笑)

第二位 焼き鳥帝王56号車廣田選手は自分が一番びっくりしてるでありますcatface

 

20188415398.jpg

 

恒例のシャンパンファイトsign03今回はレーシングスーツが無事bleah

 

沼尻はシャンパンファイトで指を切って流血するという一番ダサいパターンsweat02

 

201884154120.jpg

正式表彰でありますhappy02

素晴らしい笑顔sun(笑)

 

残念ながら78号車カサハラさんはデフブローとの事crying残念sign03

デフならいくらでも組みますからsign03懲りずにリベンジでありますpaper

 

今回も栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援・ご協力していただいた全ての皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。開幕戦のエンジンブローから始まり、86BRZレースの予選落ち。今シーズンで久しぶりにいい報告が出来ました。皆様に一つ恩返しができたかなと思います。次回も是非応援よろしくお願いします。

YMS行田店 沼尻翼

 

201884155146.jpg

 

↑「沼尻あとコンマ1秒なんとかしろよ~」とモニターを睨む予選時のYMSレーシングチームの皆様new

 

 

 

 

 

AE86 N1レース 第2戦 筑波 予選編

記録的な気温の中行われたAE86 N1レース 第2戦 筑波のご報告でありますhappy02

 

前回、開幕戦でエンジンブローして0ポイントの27号車沼尻

201883145450.jpg

前回、まさかのプラグコード抜けで8ポイントの不動産王78号車カサハラさん

2017926145037.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

前回、ささッと優勝を持って帰った焼き鳥帝王56号車廣田選手。

201883145642.jpg

可もなく不可もない!?前回2位のレジェンド6号車新木選手。

20188314595.jpg

 

開幕戦はボコボコだったYMS陣営でありますが今回はリベンジなるかsign02

真夏のスーパー暑い中予選開始。

早くアタックかけて一発で終わらせないとタイヤはたれる一方でありますspa

さすがに暑いのでタイムは出ませんが27号車1分8秒663で二番手。

ピットであと0.1秒上げてこいsign03と言われて再スタート・・・・タイム上がらず終了sign03

 

焼き鳥帝王56号車廣田選手は1分8秒776で三番手。この人は決勝でなんとでもなりますから3番手スタートでも問題なしsign02

 

・・・・ポールポジションは1分8秒633で不動産王78号車カサハラさんsign03

今年は一発が速いsun

 

今回の決勝は3時半からのスタートとなっており少し気温も下がるかな?と言ったコンディション。

 

次回は決勝編。

シルビアも間に入ってないので・・・・・AE86ガチバトルhappy02

 

以上、ポップ沼尻でしたchick

86 BRZレース 第5戦 富士スピードウェイ 決勝編

先日、AE86N1レースも終わり怒涛のレースウィークが終了しました。

N1レースのご報告は後程・・・・・

 

今回は86BRZレースの決勝編をお届けでありますflair

 

53号車沼尻と175号車シティーオート号はまさかの予選落ちとなり54号車トッチーがBレースに挑むでありますsign03

実は86BRZレースを初めてから初のBレースに出走で納得いかないご様子のトッチーでありますが・・張り切って行きましょうsign03

予選時からストレートの伸びが他車と比べて遅いと言っていたトッチーでありますがサーキットは全部直線じゃないから大丈夫でありますsign03

 

2018731145351.JPG

グリッドがこちら。27番グリッド。ポジティブに考えれば26台抜けるsun

沼尻の中では予選よりも決勝レースに強いのがトッチーのイメージでありますhappy02

2018731145856.JPG

長ーい一周のフォーメーションラップを行いいざ決勝スタートdash

 

チームYMSは裏のシケインで観戦でありますdog

なぜそこか・・・・・皆さんわかりますよねshineimpact

2018731145930.JPG

ちょっと遠くて見ずらいかもしれませんがこれぞワンメイクレースって感じでぶつかりまくっておりますhappy02一周目で4台は形が変わっておりますspa

見ているほうは面白いけどやられているほうはたまったもんじゃないhappy02

201873115258.JPG

2周は団子。ブレーキング勝負がちかくで見られる絶好のポイントで駆け引きと言うより何度かカミカゼアタックを見る事ができましたnew

他車のカミカゼアタックをかいくぐりながら、片輪グラベルに落としながらもアクセル緩めずにライバルをぶち抜く54号車トッチー号scissors

201873115852.JPG

201873115959.JPG

レース後半になっても全車攻めの体制で周回を重ねて行くでありますrun

54号車トッチー号は見ている前ではポジションアップしてるのに目の前に帰ってくるとポジションダウンしてる・・・どっかで抜かれてるsign02

 

タイヤも垂れてくる残り2周ぐらいになってくると4輪フルロックで突撃してくる輩もいるでありますimpact気持ちは良く分かるsign03(笑)

 

どう考えても「無事に終わった」とは言えない状況の中チェッカーフラッグsign03

トッチーは「ストレートが遅いsign03」とのことで思うように走れなかったそうですが見ているほうは面白かったですよrock

沼尻も一緒に走りたかったcrying

54号車トッチー号は残念ながら34番手。

コーナーで抜いてストレートでごぼう抜かれ・・・

エンジン不調で富士スピードウェイはさすがに厳しかったであります。

 

2018731151924.JPG

公道走行車検を終えてお帰り準備。

怒涛の3日間でしたsign01

 

今回初めて86BRZレースに参戦させて頂き自分の準備不足練習不足により栃本社長を初めYMSレーシングチームの皆様、YMSスタッフの皆様、応援していただいた全ての方々の期待を裏切る結果となってしまい申し訳御座いませんでした。次戦・ツインリンクもてぎにもう一度挑戦するチャンスを頂きましたので次こそは必ずいい結果を出せるよう一から出直して行きたいと思います。応援とご協力、本当にありがとうございました。

YMS行田店 沼尻翼

 

落ち込んでる暇もなく一週間後はAE86 N1レースsign03目指せ汚名返上sign03

 

以上、オリジン沼尻でしたchick

 

86 BRZレース 第5戦 富士スピードウェイ 予選編

お待たせしました86BRZレースの予選・決勝編であります。

 

練習日を終えて宿へ向かい沼尻の改善点を手書きの「富士スピードウェイ」でシミュレーションしていざ二日目の予選へsign03

 

予選は3組に分かれてのアタックでなんと12分間。筑波サーキットの12分間とは訳が違います。

一周2分以上かかる富士では出来て4周。

新品タイヤの美味しいところは2周目から3周目sign03

 

しかも30台以上が一緒に走っている状況でアタックしないといけない難しい状況であります。

いざ予選sign03

 

前を走っている人達が間違いなく「2周目」を狙っているであろうという走り方。

沼尻の前に集団がいたので距離を取ってアタックsign01

 

出た結果は・・・・2分11秒6・・・・・・予選落ち決定sign03

あと0.1秒でBレース進出でした。

 

54号車トッチーはなんと予想外の決勝Bレース、どうやらストレートでやたらと車が遅いらしいであります・・・

175号車シティーオート号は残念ながら予選落ち。

 

生き残ったのは54号車トッチーのみ・・・・・どうなる決勝sign02

 

予選は走っていたので写真は撮れませんでしたすいません。

決勝は画像ありでお届けいたしますhappy02

 

以上、ショッキング沼尻でしたchick

 

 

 

86 BRZレース 第5戦 富士スピードウェイ 練習日編

お久しぶりです沼尻ですspa

 

先日、初参戦してきた86BRZレースのご報告でありますcatface

2018726171123.JPG

20、21、22日の3デイズ。

初日に練習走行、二日目に予選、三日目に決勝というスケジュールとなっております。

その理由は・・・・参加台数150台だからでありますsign03

正確に言うとクラブマンクラスが110台、プロフェッショナルクラスが40台。

YMSからの3台はクラブマンクラスに参戦であります。

ちなみにこのレースを見たのも今回が初めてcatface

 

「参加型のレース」との広告でありますが・・・沼尻から言わせると「ガチのレース」でありますfuji

先週に一度練習に来たものの残念ながら土砂降りウェットでいい練習にはなりませんでしたsad

 

つまり練習日の40分1ヒートが最初で最後の練習であります。

54号車トッチー号は今年からのニュータイヤ「BS RE-12D」を装着してデータ取り。

53号車沼尻はとりあえず「YH A052」でドライバーと車の練習から。

175号車シティーオート号はお古のRE-12Dを履いて練習であります。

 

54号車トッチー号はニュータイヤのフィーリングを確認しつつAレースボーダーラインの10秒台を記録。

175号車シティーオート号は12秒台、53号車沼尻号は13秒台で練習が終了。

富士スピードウェイは一度で入れるのがMAX45台。

Aレース・Bレース合わせて90台しか予選突破出来ませんつまり20台が予選落ち。

 

このままだと確実に53号車沼尻と175号車シティーオート号は予選落ち。

次回は勝負の予選編に続くであります。

 

以上、第二の雨男沼尻でしたchick

ページ上部へ