ホーム>YMS館林店ブログ

YMS館林店ブログ

インプレッサ ホース類交換2

こんばんは、いつもご覧いただきありがとう はっしーです

 

暑い日が続きますが皆さん、熱中症対策しっかりするようにしてくださいねsun

明日休みだけど、前橋の陸運に行って、整備手帳の再発行と店の整備主任者手続きもして参る所存ですweep

 

今回はサムコホースの交換の続きです

インマニを外したら、案外ホースの取り回しが、判りやすかったですbleah

2017627215012.JPG

 

2017627215850.JPG

 

純正部品を待ちつつ、元の状態に戻します

後はクーラントを入れて終わりです

20年も経ってるので、この際にホースを全部交換する事になりました

残りの部品は8月頃に入荷するのでまたまた作業が続きます

取り敢えず一段落おわりましたが、次に作業し終われば元気になって完結です

                                          

 

 

                                           以上はっしーでした

 

 

 

 

パレット ショック交換

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

 

作業の紹介。パレットショック交換wrench

 

2017626204439.JPG

YMSでは珍しいショックのみ交換です。

乗っていて乗り心地が買った時よりもフワフワするとの事、距離も10万Kmも走っているので、

ショックが抜け始めているみたいです。

この際に純正ではなくカヤバのショックに交換になります。

 

2017626204524.JPG

今回交換するカヤバのNEW  SR  SPECIALになります。

その他に純正部品のアッパーマウントやバンプラバーなども交換します。

 

201762620465.JPG

組み替え中です、スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めてます。

純正のスプリングは、かなり縮めないと入らないので大変でした。

 

2017626204724.JPG

完成したショックです、これを車に取り付けるだけです。

 

2017626204835.JPG

無事に車に付きました。

試運転をしてきました、乗り心地良くなりました、抜けているショックよりもロール感が少なくしっかりした感じがありました。

お客さんも喜んでました。

ショックを変えるだけで乗り心地が変りました。

お客さんいわく少し車高が上がった気がすると言われましたwink

 

マヌでしたpaper

HCR32 ハイキャスボールジョイント交換

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

梅雨に入ったのに梅雨らしくない天気が何日か続いてます。

雨が降るならザット降って欲しいマヌです。

 

作業の紹介wrench

ハイキャスボールジョイント交換。

車検の事前点検で見つかりました。

リアのタイヤに横のガタがあったので、確認をしたらハイキャスボールジョイントにガタがありました。

 

201762521832.JPG

赤い〇が付いてる所にハイキャスボールジョイントが圧入されています。

HCR32のハイキャスボールジョイントは、鉄のナックルに圧入されているので

錆びなどで、簡単に抜けないため、特殊工具が使えません。

今回は、プレスを使って、ハイキャスボールジョイントの交換をします。

 

2017625205324.JPG

ハイキャスボールジョイントを抜くためにナックルの取り外しをしています。

邪魔になるブレーキやアームをばらしてます。

特殊工具が使えないとこんなに大掛かりな作業になってしまいます、改めて特殊工具のすごさを知りました。

外したナックルからプレスを使って入れ替えます。入れ替えている作業の写真を撮り忘れましたweep

外したハイキャスボールジョイントが下の写真になります。

 

201762521321.JPG

右が新品、左がナックルに圧入されていた、ハイキャスボールジョイントになります。

後は  逆の手順でナックルを戻すだけです。

交換が終わって、ガタの確認と試運転をして来て問題ありませんでした。

これで安心して乗ってもらえます。

 

マヌでしたpaper

 

ランエボ ラジエター交換

こんばんは ハッシーです

 

最近はだんだん暑くなってきましたね。

オーバーヒートするクルマも増えてきたりするのかな?

こうなるとラジエターを大容量に交換して水回りの循環能力を引き上げるしかないでしょう

と言うことで、今回はランエボのラジエター交換です。

 

早速ラジエターを外しました

 

2017624201631.JPG

ノーマルはこんな感じですけど、社外ラジエターはこんな感じです

ちなみにこの時はもう既にラジエター交換し終わってますbleah

201762420183.JPG

 

ラジエターロアサポートのプッシュですけど逆さになっていたので元に戻しました

前回はどなたが交換したか分からないけど一応外す前はちゃんと写真とか動画

を撮って元の状態がわかるようにすると失敗が少なくなりますねflair

 

                                      以上ハッシーでした

 

インプレッサ ホース類交換1

こんばんは ハッシーですsweat01

 

今回はホース類の交換です

交換に当たってインマニを外さないとタービンインテークパイプは外れません

従って、インマニを外すことになりましたcrying

 

2017623201121.JPG

 

2017623201032.JPG

 

水回り関連のホース類は大半を占めていました

ちなみに、これ全部で16万ぐらいします

こんなにするのってぐらいビックリしましたshock

201762320149.JPG

外したインマニは塗装が剥がれていました、経年劣化でこのようになるんですね

やばい、塗装しなければcoldsweats02

 

インマニを外したついでにプラグも交換しました。かなり楽に外す事が出来ました。↓

 

2017623202031.JPG

 

2017623202056.JPG

 

左パンクはバッテリー外して、作業スペースを確保good

次回もお楽しみにして下さいねbleah                                      

 

                                      ハッシーでしたpaper

 

 

 

 

 

ジムニー復活!!

こんばんは、どうもハッシーですhappy01

 

ウチの店長ですが、昨日釣りに行きたかったようですけど

雨の為、行けませんでした。とても残念でしたweep

 

ジムニーのE/Gはもう組み終わったので、ついにE/Gルームに載せます

2017622182143.JPG

 

2017622182250.JPG

 

中身は、なんだか、すっごくシンプルです

若干入れる際、E/Gマウントがボディーに干渉しますが

なんとか無事入れることが出来ました

2017622182914.JPG

 

昔のジムニーなのでよく分からないけど、このジムニーのボンネットはフロントガラス辺りまで

開くのでびっくりでしたshock

 

2017622192858.JPG

 

 

これは載せた後の画像です、E/Gも無事掛かるることができました

タペット音がしたので、調整して、あとは締め忘れがないか確認して終了です

                                           

                                      以上ハッシーでしたpaper

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シエンタ ダウンサス取り付け

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

作業の紹介

シエンタのダウンサス取り付けwrench

最近、車高調やダウンサスを付けるミニバンや軽自動車が増えてきました。

車を乗っていてノーマルのままだと物足りなかったり、昔スポーツカーを乗っていたけど色んな事情があって、

手放してしまって、今は、軽自動車を乗っている人が交換してるみたいです。

 

2017620205125.JPG

ダウンサスを交換する前に車高を測ってみました。

地面から、前のジャッキポイント間で約18cmあります。

ダウンサスに交換すると何cm下がるんでしょうかね?

 

2017620205254.JPG

アッパーマウントにガタが出ていたので新品に交換しました。

このアッパーマウントはボールベアリングが、使っている間に、グリスが飛んで磨り減ったみたいです。

 

2017620205223.JPG

左が純正、右が交換するダウンサスで、RS・RのTi 2000になります。

見るからにスプリングが短いので、取り付ける時に、リアはスプリングコンプレッサーを使わずに

手組みで組めました。

さすがにフロントはスプリングコンプレッサーを使いました。

 

2017620212931.JPG

取り付け終わりました。

スプリングをなじませた後に車高を測ると約15cmになってました。

約3cmダウンです。車高が下がってかっこ良いです。

 

マヌでしたpaper

フロンティア アライメント

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

 

作業の紹介

フロンティアのアライメントwrench

宇宙船では無いですよ、ニッサンのダットサントラック海外輸出使用ですship

2017619204825.JPG

足回りがラダーフレームなのでハイエースと足回りの構造が一緒です。

調整ヶ所がトーのみとシンプルな構造でした。

トーの調整がナットを緩める構造ではなく、二ヶ所の10mmを緩めてロックを解除して、

筒を回してロットの長さを調整する変った構造になってました。昔の車のアライメントが取れて楽しかったですpaper

 

 

ミニクーパーアライメント

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

 

作業の紹介

ミニクーパーのアライメントwrench

201761820516.JPG

初の外車のアライメントがミニクーパーです。

調整ヶ所が前後のトー調整になります。

アライメントの作業に入る前に、タイロットなどのガタのチェックと使う道具の確認をしました。

ガタの確認は問題なし、次にアライメントで使う工具は、トルクスのソケットになります。

外車だと思って身構えてしまいました。実際に作業をして見て、国産の車と変りませんでした。

外車でも使う道具が違うだけで、アライメンの調整方法が一緒なので、次からバンバン外車のアライメントが出来ます。

 

マヌでしたpaper

Z33リアブレーキキャリパー交換

こんにちは、こんばんは、マヌですscissors

 

作業の紹介

Z33 のリアブレーキキャリパーの巨大化

2017617201538.JPG

純正のbremboから曙製のブレーキキャリパーに交換になります。

ブレーキロータは先にZ34用に交換して有ります。

2017617202037.JPG

取り付けるのが、Z34用の曙製のキャリパーです。

ブレーキキャリパーが大きくなると、ブレーキのコントロールがしやすくなるのと

放熱性が上がってペーパーロックしにくくなります。

 

201761720270.JPG

バックプレートの赤丸をした所がキャリパーに当たってしまうので切り取りました。

 

2017617202235.JPG

無事にキャリパーが付きました。

 

2017617202737.JPG

上の写真の純正のbremboと見比べても、曙製のZ34のブレーキキャリパーの大きさが分かります。

 

2017617202859.JPG

これで前後のブレーキキャリパーの巨大化が終わりました。

Z33に乗っていて興味がある人はyasuさんに相談をお勧めします。

マヌでしたpaper

ページ上部へ