ホーム>トッチーのチューニング日記>SUBARU>GDB_F型 GTタービン
SUBARU

GDB_F型 GTタービン

10月に入りなんとなく秋らしくなってきました。
春に2台のバイクの車検を取って一度もツーリングに出かける事なくバッテリーが
あがってます。今月が最後のチャンスだけど暇がないや~ガレージのオブジェになってるー

さて今日はインプレッサGDB_F型のセッティングでした。
GDBはフラッシュロムで海外からフリーソフトが出てるようなのでプライベートでセッティング
してる方も多いようです。ブーストアップ程度ならなんとかなりそうですが、インジェクター交換や
タービン交換となると、それなりの機材が必要になるでしょう。
後ずけの空燃比計は必需品です。純正のO2センサーを残して空燃比計のボスを付ける事から
スタートします。
この車両はGTタービンに交換し、インジェクターは650ccに変更、ポンプも社外に変更しました。
データ上ではインジェクターの容量変更はもちろんですが無効噴射時間が違いますのでこの辺も
変更が必要になります。そしてエアフロがノーマルのまま使う場合は360馬力程度で限界のですが
データ変更で420馬力程度まで対応可能になります。ノーマルのエアフロマップでは4.69Vが
最大値になっていますが、この辺を変更して最大値4.99Vまで計測するとエアフロの容量アップ
させる事ができます。35エアフロに変更してもいいですね。

2017101145438.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yms-gyoda.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1344

コメントする

ページ上部へ