ホーム>YMS行田店ブログ

YMS行田店ブログ

明けましておめでとうございます

皆さん明けましておめでとうございますfuji

昨年は大変お世話になりました。今年も是非よろしくお願いします。

昨年は86BRZレース3戦、AE86 N1レース4戦、YMS走行会4戦、練習走行5回と皆様のご協力のおかげで走りっぱなしの1年でした。

走行するには当然準備が必要なわけで・・・・・いろんな意味で頑張った一年でありました。

 

今年は正月からもうあっち行ったりこっち行ったりhappy02

今年も多忙な予感でありますrun

また、ブログのほうも頑張って更新していきますので懲りずに見て頂ければと思います。

また1年がんばって行きましょうshine

202016174042.JPG

 

 

 

S15 クラッチ交換

今年もあと3日sign03

沼尻はお正月も予定でいっぱいcatface

最近気づいたのは予定がないとなにしていいか分からないでありますshine

 

そんなわけで本日のグラードな作業のご紹介はsign01

20191229161731.JPG

久しぶりにS15クラッチ交換でありますfuji

NAの車両でありますが純正クラッチは踏力が軽いので気が付きにくいでありますがミートポイントが上に上がってきたらディスクが減ってるサインでありますdog

今回はニスモ スポーツクラッチキット(S14ターボ用)を装着であります。純正からプラスαの性能でとにかく純正のように扱える強化クラッチでありますsun

20191229162334.JPG

外したクラッチは完璧に寿命でありますdash

20191229162438.JPG

フラホも要交換であります。

当然滑ると不動車なので気になる方は一度ご相談下さい。

ちなみに10万キロ前後で寿命のケースが多いでありますdog

 

以上、グラード沼尻でしたchick

 

 

33GT-R ドラシャブーツ交換

コインランドリーの偉大さに気付いてしまった沼尻shine

 

そんなわけで本日のミッシェルな作業のご紹介はsign01

2019122015211.JPG

33GT-Rのフロントドラシャブーツの交換でありますimpact

GT-Rは車高を下げるとフロントのドラシャブーツの負担が大きくなるであります。

定番でありますがブーツ交換でありますcatface

2019122015745.JPG

この車も絵にかいたようにバックリcatface

2019122015112.JPG

こうなってからでは掃除が大変でありますsign03(笑)

20191220151244.JPG

新品交換して取付すれば完了でありますが日頃の点検は大事でありますhappy02

 

以上、デイヴィス沼尻でしたchick

YMS走行会 筑波サーキット

今年もあとわずかsign03

皆さんやり残した事はありませんか?沼尻は家の大掃除をしたいshock

そんな訳で本日は気が早いかもしれませんが来年2月7日YMS走行会のご案内でありますhappy01

20191217172349.JPG

毎年恒例でありますがこのタイムアタックシーズンに筑波を走らないわけにはいかないでありますdog

この時期、この走行会に合わせてハイグリップタイヤを購入する人はもちろん、この走行会に合わせてエンジンオーバーホールする人までいる一大イベントでもあるであります。

 

実は沼尻もこの走行会を楽しみにしていて、「沼尻ぶっ〇〇すsign03」とやけに気合が入ってる桃色が好きな人が約一名。その争いに巻き込まれた焼き鳥帝王が約一名。あと、キャバ王が約一名。どう考えてもドッグファイトになってしまうメンツなので沼尻個人的には走行会ではなく「レース」になってしまう可能性大でありますspa

なぜか負けられない戦いがそこにある。

 

この人達のグループと同時にコースに出た方は面白いものが見られますよhappy02

実は前回も数名の方に「2台だけのAE86 N1レース」がご好評頂いたでありますshine

タイムアタック忘れてずっと見てましたって人までいたでありますsign03(笑)

今年の傾向から言うと一か月前にはほぼ埋まってる状態なので走ろうか考えてる方は早めに申込みのほうをよろしくお願い致します。

以上、コンプライアンス沼尻でしたchick

 

RX-8 ラジエーター交換

もうすぐクリスマスsign03

プレゼントを考えなければsign03

 

そんなわけで本日のプロメテウスな作業のご紹介はsign01

2019121422197.JPG

この画像をみれば知ってる人は知っている。

RX-8のラジエーターでありますsun

実はラジエーター交換の作業ではなくただのリザーバータンク交換でありますがRX-8は加圧タンク方式のためラジエーターのアッパータンクにニップルがついていてリザーバーに直接ホースでつながってるでありますが結果から言うと、折れたでありますfuji

実はロータリーの熱害は想像以上でエンジンルームの樹脂系のパーツは目に見えて劣化するであります。その代表格がこれsun

当然ラジエーター交換でありますがこれが容易じゃないdog

20191214222936.JPG

下からの図

20191214223018.JPG

上からの図

ほぼ一日がかりでやりましたがいろんな所がパキパキなるので結構気を遣う作業であります。

20191214223250.JPG

今回は大人の事情で純正ラジエーターに交換でありますcatface

それでも5万以上でありますdollar

 

これでしばらくは大丈夫そう・・・・

 

以上、エンジニア沼尻でしたchick

S15 燃料タンク 清掃

最近、雪予報が出てます。

イエローハットはスタッドレスであふれ返っておりますhappy02

 

降ってからでは遅いので降る前にsign01ちゃんと新品に履き替えましょうsign01

ちなみにYMSでも交換できますのでお困りの際は是非shine

 

そんなわけで本日のアンガスな作業のご紹介はsign01

2019128225621.JPG

S15シルビアの燃料タンクリフレッシュでありますsign03

なぜリフレッシュかというと、このS15は2年間ほど諸事情で不動車になっていた車両。

調子が悪いので燃料タンクのフタを空けてみると・・・・んー錆びてる。

 

との事でポンプ含めてタンク新品にsign03と行きたい所でありますが・・・なんと廃盤crying

個人的にもかなりショックでありますが清掃に踏みとどまったであります。

 

なぜリアメンバーの写真から始まっているかというとリアメンバーとボディの間にタンクがいるので必然的にメンバーを降ろすところから始まります。

201912823253.JPG

こちらが見慣れないS15の燃料タンクでありますdog

樹脂製でスーパー軽いでありますflair

201912823423.JPG

タンク丸見えだとこんな感じ。

早速ポンプ摘出であります。

201912823550.JPG

ポンプどころかステー類がサビサビweep

20191282377.JPG

やっぱりいっぱい出てきたでありますimpact

原因としては不動車の間、ガソリンタンクが空に近い状態だったと思われます。

ポンプや金属ステーが空気に触れているとサビやすいので長期間動かさない場合はできるだけガソリン満タンの状態をおすすめするでありますfuji

201912823115.JPG

ひたすらガソリン入れて2人がかりでシャバシャバする事一時間でこのキレイさでありますcatface

覗いて見える範囲はこの状態なので良しとしましょうrun

 

ひさびさの衝撃作業でしたdash

 

以上、ノワール沼尻でしたchick

スイフト 燃料ポンプ

今年もあと1か月。

今年は時間が過ぎるのがとても早かったsun

 

そんなわけで本日のバナジウムな作業のご紹介はsign01

201912322478.JPG

スイフト ZC32Sの燃料ポンプ交換でありますcatface

ボルトオンターボが付いている車両でお客様自身がコンピューターセッティングまでするであります。

空燃比計がついていて燃圧が少し足らないとのことで大容量ポンプに交換でありますsecret

201912322528.JPG

中身を取り出すとこんな感じ。

最近のインタンクの燃料ポンプはこの方式が多いでありますbanana

2019123225322.JPG

分解するとこんな感じ。

今回はDWのポンプで交換でありますnew

中身を交換して元に戻すだけでありますsnow

 

タンク降ろしが手間がかかりますがやろうと思えばスイフトも大容量ポンプに交換可能でありますfuji

 

以上、シンクロ沼尻でしたchick

チェイサー エアコンフィルター

くそっsign01

仕事用のブルゾンのチャックが壊れたsign03これからの季節は死活問題sun

 

そんなわけで本日のモダンな作業のご紹介はsign01

20191128221821.JPG

 

チェイサー JZX100のエアコンフィルター交換・・・・ではなく取り付けでありますaries

この車両はエアコンフィルター非装着の車でありますmoon2

お客さんが調べて来た品番のフィルターでDIYして強制的に装着しよう計画であります。

20191128222156.JPG

ふたを開けるとこんな感じでありますflair

左側に「ここに装着できますよ」てきな溝が・・・・

20191128222346.JPG

今回はこちらのフィルターを使用でありますfuji

2019112822251.JPG

絶妙に無加工で入ったcatface(笑)

当然ドンピシャではないものの許せるレベル。

 

これでホコリの多い季節も快適fish

 

以上、ボンゴレ沼尻でしたchick

AE86 N1レース 最終戦筑波 決勝編

予選結果は

PP 27号車 沼尻

2番手 78号車 キャバ王 カサハラさん

3番手 6号車 レジェンド 荒木選手

4番手 56号車 焼き鳥帝王 廣田選手

沼尻の前にP-FR(2リッターFR)が二台。

カサハラさんの前に1台。

20191124211733.jpg

スタートは前回同様ローリングスタートでありますhappy02

しかし一番先頭にいるP-FRに主導権があるので沼尻はタイミングを上手く合わせる必要があるであります。

フォーメーションラップをこなしバックストレートから隊列に。

ペースカーがピットインしたのでスタート確定でありますrun

ですがゲートギリギリになってもまだシグナルは赤・・・・

スタート中止かと思いきやグリーン点灯sign03

さすがにP-FRにはストレートスピードがかなわないのでひとまず後ろにつくことに。

2019112421248.jpg

寒い時期ではさすがに排気量が大きいほうが速いのでじりじり離される沼尻。

後ろの78号車 キャバ王 カサハラさんとの距離が少し空いているのであります。

ですが毎年恒例でありますが6号車 レジェンド荒木選手が寒い時はなぜか速いsign03(笑)

カサハラさんが荒木選手を抑えるためにあっちいったりこっちいったり。

沼尻もチームメイトのカサハラさんを邪魔するわけにもいかず現状キープshadow

20191124212941.jpg

後ろがごちゃごちゃでありますshine

当然56号車 焼き鳥帝王 廣田選手が黙って見てるわけないので荒木選手を猛プッシュsign03

ですがなぜか荒木選手が廣田選手を鬼ブロックsun

決勝前に「二台でカサハラさんを抜いて沼尻を逃がさない」と打ち合わせしていたのにsign03(笑)

まさかの6号車 レジェンド荒木選手の裏切り行為により56号車焼き鳥帝王廣田選手が足踏み状態happy02

2台が抑え合う状況でそのまま15周こなしフィニッシュrun

20191124213816.jpg

第1位 27号車 沼尻

第2位 78号車 キャバ王 カサハラさん

第3位 6号車 レジェンド 荒木選手

第4位 56号車 焼き鳥帝王 廣田選手

 

チームYMSがワンツーフィニッシュ達成でありますshine

 

今シーズン目標にしていた「全戦ポールトゥウィン」を達成する事ができました。コースレコードに届かなかったのは自分の力不足だと思います。プロとアマチュアの差を感じる一日でもありました。

YMSレーシングチームの皆さま、YMSスタッフの皆さま、応援して頂いた皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。来シーズンも是非応援とご協力をよろしくお願い致します。

YMS行田店 沼尻翼

 

来シーズンはどうなるかなsign02お楽しみにsign01

 

以上、コンパウンド沼尻でしたchick

AE86 N1レース 最終戦筑波 予選編

最近、朝晩がとても冷えるようになってきたでありますmoon3

気温が寒いとゆうことはエンジンが元気な季節sign01

とゆうことはタイムアタックの季節sign03

 

そんなわけで先日参戦いたしましたAE86N1レースのご報告であります。

 

報告しておりませんでしたが9月に行われた第3戦も大接戦の末ポールトゥウィンを達成いたしました。56号車焼き鳥帝王 廣田選手、78号車キャバ王 カサハラさんと三つどもえとなり抜いたり抜かれたりの近年稀に見る肉弾戦となりました。(3台とも小キズが増えましたgood

 

27号車沼尻は第3戦まですべてポールトゥウィンを達成しましたのでシリーズチャンピオンは確定であります。だがしかしsign01やり残した事が二つ。

その1 全4戦 ポールトゥウィン完全優勝

その2 AE86 N1 コースレコード更新

であります。

コースレコードは以前、日比野哲也選手が残した1分6秒5

沼尻のベストは1分7秒1。このコンマ6秒を詰められるか。

季節的に毎年、この最終戦の予選10分しかチャンスがありません。

出せるかコースレコード。

20191121151830.jpg

チームYMSは変わらず27号車沼尻と78号車キャバ王 カサハラさんと二台体制。

20191121151758.jpg

56号車 焼き鳥帝王 廣田選手、6号車レジェンド 荒木選手ももちろん参戦。

荒木選手はヨコハマ A050 G/Sコンパウンド(いわゆるソフトコンパウンド)を装着し、レコード取る気満々であります。

他は全車Mコンパウンドを装着であります。

8時20分からの予選、気温が低いのは好条件。体感的にはすごい寒い。

落ち着く暇もなくアタック開始。

 

27号車沼尻は強制的にクリアを取り2~4周アタック。

つまりアタックかけながらタイヤ・ブレーキの暖気をしてタイム出す予定。

クリアが取れて予定どうりアタック開始sign03

なんと4輪ともタイヤが喰いませんcrying

気温も低いが太陽が出ていたにも関わらず路面温度も低かったcrying

2周目で1分7秒1を記録。この時点でポールポジション確定。ですがチャンスはここしかない。

タイヤをこねくり回して内圧と表面温度を上げてから再度アタックsign03

 

残念ながらタイムは上がりませんでした。

結果

PP 27号車 沼尻 1分7秒120

2番手 78号車 キャバ王 カサハラさん 1分7秒656

3番手 6号車 レジェンド 荒木選手 1分7秒657

4番手56号車 焼き鳥帝王 廣田選手 1分7秒684

 

ある意味接戦のAE86勢。(笑)キャバ王 カサハラさんがひたすら2台につつかれる予感。

沼尻はP-FR(2リッターFRクラス)と絡んでいるので前で何かあったら間違いなくもらい事故であります。(笑)

 

無事に終われるか心配になってきたでありますが次回、決勝編でありますsun

 

 

ページ上部へ